03:28 2018年06月20日
工兵隊用の外骨格型パワードスーツと対爆靴が開発されている

工兵隊用の外骨格型パワードスーツと対爆靴が開発されている

© Sputnik / Said Tsarnaev
ロシア
短縮 URL
0 100

ロシア軍工兵隊のために外骨格型パワードスーツが開発されている。ロシア軍工兵隊の隊長ユーリー・スタヴィツキー中将が発表した。

スプートニク日本

スタヴィツキー氏は22日、「2018年に連邦国防発注庁の枠内と組織の率先で、外骨格型パワードスーツ、対爆靴、工兵・襲撃隊員用の特別なリュックサックなど、特に工学装備品の新たなコンポーネントといった様々な目的のための工学兵器の有望な機器の開発と製造に関するすでに開始された作業が続けられる」と伝えた。

また雪や氷から水を得るための新たな装置や、機雷探査機MIB-2の製造作業も進められているという。

スタヴィツキー氏は「現代的な要件を満たした工学兵器の新たな機器の開発と製造に関する継続的な作業は、すべての方向で続けられている」と強調した。

関連ニュース

タグ
軍事, 研究, テクノ, 武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント