09:20 2018年06月21日
Tu-160航空機【アーカイブ写真】

「ロシア最強の爆撃機」、ナショナル・インタレストが解説

© Sputnik / Yuri Streletc
ロシア
短縮 URL
0 130

ロシアは今後10年間は自国空軍に配備している爆撃機全てを置き換えるであろう強力な新型戦略爆撃機を開発している。米誌ナショナル・インタレストが報じた。

スプートニク日本

その爆撃機とは、ロシアのツポレフ社が開発中の長距離航空複合体「PAK-DA」だ。

最新の予測によると、同機は2025年か26年に飛行実験を行い、2028年か29年に本格生産を開始する。

ナショナル・インタレストによると、PAK-DAの機能で現在明らかになっているのは概要だけ。主な装備は、3月にプーチン大統領が紹介した極超音速ミサイル「キンジャール」になるとみられる。

一方記事では、こうしたミサイルは大きなサイズと発射装置の特徴のため、使用が難しい可能性があると指摘されている。発射装置はツポレフ160やツポレフ95に搭載されており、PAK-DAにも用いられるだろう。

同機はステルス技術を用いると予想されており、その場合、兵器が全て機内に収納されるため、「キンジャール」が機外で保管される可能性は低い。

同機はすでに木製の原寸模型と縮小版の模型が作られたという。だが、外見や実際のサイズに関する正確なデータはまだ公表されていない。ロシアの元副首相で露国営宇宙企業「ロスコスモス」のロゴジン総裁は、PAK-DAが「全翼機」の図面で設計されると説明したが、どのような形でこの技術が実現するかは明らかではない。

記事では複数のオープンソースの情報が引かれている。それによると、PAK-DAはエンジン2機を搭載した極超音速機で、給油なしに約1万5000キロの距離を飛ぶことができる。重さは130トン。あらゆる飛行場で用いることも出来るという。つまり、ツポレフ160やツポレフ95より必要な地上滑走距離が短いことを示す。

関連ニュース

F35戦闘機は「恥」 英で非難

ロシア、トマホークミサイルの技術考慮した電子戦複合体を開発へ

タグ
軍事, 武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント