02:40 2018年10月23日
ウラジーミル・プーチン露大統領は、上海協力機構(SOC)サミット開催時、イラン、パキスタン、ウズベキスタン、ウズベキスタンと2国間協議に臨む。

プーチン氏、上海協力機構首脳会議へ

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
0 121

ウラジーミル・プーチン露大統領は、上海協力機構(SOC)首脳会議開催時、イラン、パキスタン、ウズベキスタン、ウズベキスタンと2国間協議に臨む。

スプートニク日本

SOC首脳会議は6月9日から10日にかけて中国の青島で行われる。SOCは2001年6月15日、上海にて創設された多国間協力機構である。現在、SOCにはロシア、中国、インド、パキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタンの8ヵ国が参加している。また、アフガニスタン、ベラルーシ、イラン、モンゴルの4ヵ国がSOCオブザーバー国としての地位を有している。

SOC開催時にはロシア、中国、モンゴル間で4度目の3ヵ国首脳会談が行われる。3ヵ国形式の首脳会談は、2014年、SOCの政府首脳評議会会議が開催されたタジキスタンのドゥシャンベで始まった。ユーリ・ウシャコフ露外務次官によると、各国首脳は様々な分野における3ヵ国間の相互協力の強化に関して、また協力発展や「ロシア・モンゴル・中国」経済回廊創設へ向けた「ロードマップ」の実現に関して意見を交わす予定だ。

関連ニュース

トルコはEUより上海協力機構を選ぶ?

中国 上海協力機構の自由貿易圏創設の加速を提案

タグ
上海協力機構, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント