00:45 2018年10月22日
爆撃機Su-34【アーカイブ写真】

ミサイルにもなれる航空機搭載爆弾 ロシアが開発

© 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federation
ロシア
短縮 URL
0 112

ロシアに高精度でなおかつ変形する航空機搭載爆弾「9-А-7759」が登場した。その開発、製造に成功したコーポレーション「戦術ミサイル兵器」の報告によれば、この爆弾は巡航ミサイルとしても通常の航空機用爆弾としても用いることができる。

スプートニク日本

報告によれば「9-А-7759」は現在、実験段階にある。

実験は降水、埃、砂など様々な天候条件で行われている。

「9-А-7759」の運搬手段として実験では爆撃機Su-34が用いられ、8基がミサイルとして発射され、3基が爆弾として投下された。

こうした爆弾は汎用が効き、発射、投下は衛星ナビゲーションシステムによって制御されるため、命中度はパイロットの腕に左右されない。

関連ニュース

米国が核重力爆弾の実験に成功

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント