21:58 2018年10月23日
犬

家族の大切さを犬が教えてくれる 養育費不払いの父親にロシアが考案したユニークな再教育法

© Sputnik / Anton Denisov
ロシア
短縮 URL
280

ロシアのイルクーツク州は、養育費を支払わらなかったとして裁判所から矯正労働を課された罪人を野犬保護施設で働かせている。ロシア連邦刑執行庁の広報部がスプートニクに対して明らかにした。

スプートニク日本

ロシアの法律では、罪の重さと健康、学歴に応じて矯正労働の種類が選ばれる。

野犬保護施設での措置がとられているのはイルクーツク州のみ。養育費未支払いの罪人のなかで、獣医学やそれに準ずる教育を受けたものは、野犬保護施設のゲージを清掃したり、えさを与え、散歩をする作業につかされている。

ロシア連邦刑執行庁のスポークスマンは、「この措置の教育的効果は絶大。この作業にあたったほぼ全員が捨て犬の世話をしながら変わっていき、自分の親としての義務により責任感をもつようになった」と語っている。

養育費の支払いをせず、矯正労働につく者たちには、捨て犬の世話の他にも道路掃除夫、清掃員、緑化活動員としての作業が課されている。

関連ニュース

イタリア、元妻へ支払う養育費、現金ないならピザ現物支払でもよいと許可

幸福な結婚生活の秘密が明かされる

タグ
ペット, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント