15:05 2018年11月19日
医者(アーカイブ写真)

脳手術中にサイバー攻撃も無事成功 ロシア

CC0 / Pixabay
ロシア
短縮 URL
151

少女の脳手術を行っていた病院にサイバー攻撃が行われたが、手術は無事成功した。少女は退院した。ロシア・チュメニの連邦神経外科センターがRIAノーボスチに伝えた。

スプートニク日本

ロシア最大手銀行ズベルバンクのゲルマン・グレフ総裁は、今回用いられたウイルスについて説明。ウイルス「Purgen」は、医療機関のコンピュータシステムを攻撃して、正常に機能させる見返りに金銭を要求する。

攻撃を受けた神経外科センターから助けを求められたグレフ総裁によると、チュメニで数日前に13歳の少女に対して難易度の高い脳手術が開始されようとしたところ、病院にサイバー攻撃が行われた。全システムと機器、データが使えなくなったが医師らは手術を延期せず実施することを決定した。

現在少女の容態は安定しており、帰宅した。

関連ニュース

ロシア中銀、2017年のサイバー攻撃被害額を発表

過去最大のサイバー攻撃が行われる

タグ
健康, 医学, ハッカー, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント