15:55 2018年12月14日
新輸送機Il-112V

露航空宇宙軍用の新輸送機の一部、3Dプリンターを使って製造【写真】

© 写真 : Provided by Public Joint Stock Company "Ilyushin Aviation Complex"
ロシア
短縮 URL
0 80

ロシア航空宇宙軍用の新輸送機Il-112Vの一部は、その準備スピードをアップするために3Dプリンターで製造された部品を使ってつくられている。9日、統一航空機製造会社(UAC)の広報部が記者団に明らかにした。

スプートニク日本

広報部によると、輸送機Il-112Vはゼロから製造されているため、輸送機に設置される装置や多くの部品は改良が必要。「印刷された」部品は金属製の部品より安価であるため、下準備に使用され、輸送機の「仕上げ用」の部品は、金属製となる。

なお広報部によると、将来的に複数の単純な部品は3Dプリンターで量産される。

  • 新輸送機Il-112V
    新輸送機Il-112V
    © Sputnik / Sergey Mamontov
  • 新輸送機Il-112V
    新輸送機Il-112V
    © Sputnik / Sergey Mamontov
1 / 2
© Sputnik / Sergey Mamontov
新輸送機Il-112V

軽量軍用輸送機Il-112Vは、最大5トンの武器、軍用機器、貨物、人員の輸送及び空中投下を目的としている。

イリューシン設計局のアレクセイ・ロゴジン局長によると、同機の初飛行は2018年末になる予定。

関連ニュース

第5世代戦闘機のロシア軍配備はまもなくスタート=露国防省

中国 未来型爆撃機のデザインを公開【写真】

タグ
テクノ, 軍事, 武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント