11:42 2018年09月24日
トランプ氏とプーチン氏(アーカイブ写真)

世論調査 ロシア人の露米関係の評価が明かされる

© AP Photo / Evan Vucci
ロシア
短縮 URL
111

ロシア人の約半数(49%)が、現在の露米関係について、緊迫していると指摘している。またロシア人の4分の1が、冷めていると考えており、露米関係は全体的に1年前よりも悪化していると評価されており、ロシア人の54%が、今後2年間でその関係が変わることはないとの見方を示している。全ロシア世論調査センターが実施した世論調査の結果、明らかになった。

スプートニク日本

世論調査結果は、プーチン大統領とトランプ米大統領による露米首脳会談の1週間前に発表された。

なお露米首脳会談にポジティブな結果を期待するロシア人は3分1(33%)、ネガティブな結果を予想するのはわずか1%、ロシア人の半数以上(56%)は、同会談がロシアにとって重要な結果をもたらすとは考えていない。

関連ニュース・記事

タグ
調査, 世論調査, 露米関係, ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント