19:01 2018年09月25日
第885計画「ヤーセン」型の最新多目的原子力潜水艦

米専門家、最も危険な露海軍の兵器を名指す【写真】

© 写真 : Press-service of JSC "PO "Sevmas
ロシア
短縮 URL
192

米海軍の専門家が、ロシア海軍の兵器の中で最も危険だと考えているシステムを語った。ロシア海洋潜在力調査研究所所長のマイケル・ペテルセン教授が伝えた。

スプートニク日本

ペテルセン教授によると、米国が最も危険だと考えているのは第885計画「ヤーセン」型の最新多目的原子力潜水艦、アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート、そして極超音速巡航ミサイル「ツィルコン」に巡航ミサイル「カリブル」だ。

  • アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート
    アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート
  • 極超音速巡航ミサイル「ツィルコン」
    極超音速巡航ミサイル「ツィルコン」
    © Sputnik / Alexei Danichev
  • 巡航ミサイル「カリブル」
    巡航ミサイル「カリブル」
    © 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federation
1 / 3
アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート

「私たちが過去数十年間で見てきた困難に関わらず、ロシア海軍は兵士の訓練水準や技術的能力において、世界のあらゆる海軍と競うことが可能な水準に達した」とペテルセン氏は指摘する。

関連ニュース

ロシアのスホイ34は世界最高の戦闘爆撃機=マスコミ

露、既に20年前に開発の練習機「ミグAT」プロジェクトを復活【動画】

タグ
軍事, 武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント