02:22 2021年10月17日
ロシア
短縮 URL
0 140
でフォローする

ロシアのツポレフ社が開発中の長距離航空複合体「PAK-DA」はステルス機能を持つと、アレクセイ・クリボルチコ国防次官が発表した。

スプートニク日本

また、クリボルチコ国防次官は、将来的に「PAK-DA」生産を展開する予定である工場の生産能力について言及した。「全体としてワークパッケージは、スケジュールに沿って進められているが、若干遅れているところや、進んでいる部分もあるといった状況だ」

最新の予測によれば、「PAK-DA」は2025年から26年には初飛行をおこない、2028年から29年にかけて本格生産に入る見込みだ。

報道では、「PAK-DA」の他の機能に関しては、これまで概要しか公表されていない。

「PAK-DA」は、ロシア爆撃機「Tu-160」のほかに、同様にステルス機能を持ち、現在開発中である中国戦略爆撃機「轟20」米「B-21(レイダー)」を上回ると期待されている。

関連ニュース

タグ
ロシア, ロシア軍, 航空, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント