09:55 2018年11月15日
皇帝のニコライ2世

最後のロシア皇帝ニコライ二世 遺骨が本物であると判明

© Sputnik /
ロシア
短縮 URL
150

ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝ニコライ二世とその家族の遺骨が本物であることが遺伝子鑑定により明らかになった。RT(ロシア・トゥデイ)のスベトラーナ・ペトレンコ氏が伝えた。

スプートニク日本

ペトレンコ氏は、「分子遺伝学的検査の結果から、発見された遺骨は、ニコライ二世とその家族のものであることが確認された」と述べる。

1918年7月17日未明に起こった皇帝一家銃殺を巡る調査はいまだ進行中であるものの、分子遺伝学的検査の結果から、発見された遺骨のうち7つはそれぞれ、ニコライ二世、アレクサンドラ元皇后、オリガ元皇女、タチアナ元皇女、マリア元皇女、アナスタシア元皇女、アレクセイ元皇太子のものであることが明らかになった。

同氏によると、発見された遺骨とロマノフ朝直系の親族のサンプルから採取された遺伝子プロファイルを比較した結果から、7つの遺骨は皇帝一族のものであることが証明された。

関連ニュース

露日戦争からロシア革命まで

ロシア皇帝とバレリーナのロマンスを描いた映画「マティルダ」をめぐるスキャンダル

タグ
歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント