02:46 2018年08月22日
極超音速弾頭「アヴァンガルド」、露で量産開始

極超音速弾頭「アヴァンガルド」、露で量産開始【動画】

© Sputnik / The Ministry of Defence of the Russian Federation
ロシア
短縮 URL
1102

極超音速弾頭システム「アヴァンガルド」の開発が完了し、製造企業がその量産に着手したと、ロシア国防省が発表した。

スプートニク日本

発表では、「ロシアの防衛産業複合体によって、根本的に新しい装備である滑空巡航弾頭を備えたミサイルシステム『アヴァンガルド』の開発が完了した。防衛産業の複数の企業がその量産に着手した」と述べられている。

巡航弾頭による飛行は、高度数十キロの高さの密度が高い大気の層の中で行われると指摘されている。

強調されているところでは、この際に巡航弾頭は極超音速のスピードで移動し、その最大値はマッハ数を20倍超上回る。

関連ニュース

ロシア新型極音速ミサイル「キンジャール」発射実験成功 米CNBC

米専門家、最も危険な露海軍の兵器を名指す【写真】

タグ
軍事, 武器・兵器, ロシア国防省, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント