23:37 2018年11月19日
ウラジオ

極東の電子ビザの実施範囲が拡大 プーチン大統領が連邦法に署名

© Sputnik / Vitaly Ankov
ロシア
短縮 URL
1110

プーチン大統領は極東管区における電子ビザ(E-ビザ)の実施範囲を拡大する連邦法に署名した。この文書は公式的な法律情報のポータルで公表された。

スプートニク日本

同法律に従うと、外国人の簡易電子入国ビザはペトロパブロフスク・カムチャツキー市のエリゾヴォ空港、ブラゴベシチェンスク空港、ハバロフスク市のノーヴイ空港、ユジノサハリンスク市のホムトヴォ空港にも拡大される。

この法律が発効することにより同地域への観光客数が増え、投資魅力が高まり、潜在的な投資家らを惹きつけることができ、その結果、極東連邦管区の経済全体にポジティブな影響を及ぼすことが強調されている。

関連ニュース

ロシアは短期のビザなし渡航の可能性について日本と協議する用意がある=露外務省

今年初のビザなし交流日本人代表団がシコタン島に向けて出発

タグ
露日関係, 観光, 日本, 極東, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント