01:46 2018年10月20日
ナイフ、石鹸、乱暴 これぞめちゃロシア流?なストレス解消法

スプートニクQ&A ナイフ、石鹸、乱暴 これぞめちゃロシア流?なストレス解消法

© Depositphotos / Nejron
ロシア
短縮 URL
スプートニクQ&A
スプートニクQ&A (18)
2141

世界各国のストレス発散法は?この疑問に対する答えをテーマに18日、「世界くらべてみたら」が放送された。番組によると、ストレス解消のためロシア人は石鹸を切り、デボッシュ、つまり特別な部屋で物を破壊するサービスを利用する。この情報は出演していた渡辺直美さんや国分太一さんだけでなく、視聴者にとっても驚きだった。そしてある方からスプートニクにこの件で質問を寄せていただいた。

スプートニク日本

当編集部にはこれほど過激なストレス解消法を用いたスタッフがいなかった。そこで我々はカメラを持ち町に出て、街角の人々にインタビューを行った。

所はモスクワ中心部。質問内容は、ストレス解消法にソープカッティングやデボッシュを用いるか。

結果、そうしたリラックス法が存在することを大半の回答者が知っていることが判明。だが一方で、誰も利用したことがないという。モスクワっ子は以下のより保守的な方法を好んでいる。

ちなみに、ソープカッティングは実際に新しいトレンドで、これに関するYouTubeのチャンネルやインスタグラムのアカウントは複数存在している。

こうしたストレス解消法はASMR現象と関係している。

これはブロガーやユーチューブで人気のジャンルで、ASMRを引き起こすことを目的としている。ASMRは自律感覚経絡応答とも訳され、心地よさや頭がゾワゾワする感覚のこと。

そして「デボッシュ」というサービスも確かに存在する。

2500〜1万5千ルーブル(約5千〜3万円)を支払うと、部屋を借りて、ハンマーで机や棚、テレビなどの家具を壊せるサービスだ。「デボッシュ」のインスタグラムには4811人のフォロワーがいて、人気のサービスだ。

それにしても、「世界くらべてみたら」のインタビュアーが町中でソープカッティングやデボッシュを利用するロシア人にあれほど会えたことは驚きだ。当編集部がインタビューした人の答えからは、次のアドバイスを導ける。もしロシア出身の友人を落ち着けたり、元気にさせたいと思った場合、石けんや包丁の代わりに、公園で一緒に歩いたり、スパ利用券をプレゼントすることだ。

ロシアやロシア人についてのご質問、より詳しく知りたいテーマがありましたら、私たちにEメールをお寄せください。お答えとなる記事を執筆し、サイトに掲載いたします。sputnik.jp.smm@gmail.com

トピック
スプートニクQ&A (18)
タグ
エンタメ, 露日関係, 日本, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント