18:50 2018年08月21日
スノーデン氏のロシア生活は申し分ない 弁護士

スノーデン氏のロシア生活は申し分ない 弁護士

© Sputnik / Anatlyi Kucherena
ロシア
短縮 URL
1201

米国家安全保障局(NSA)および中央情報局(CIA)の元職員でロシアに5年にわたって滞在しているエドワード・スノーデン氏の生活について、スノーデン氏の利権を代表するアナトーリー・クチェレナ弁護士はリアノーボスチ通信からの取材に答え、仕事も見つけ、国内旅行も行い、ロシア語の勉強も続けて、万事軌道に乗っており、祖国米国からも親類が遊びにきていると答えた。

スプートニク日本

「万事申し分ない。ガールフレンドもやってくるし、仕事だってある。ロシア語の勉強も続けているし、両親も遊びにやってくる。ビザの問題も彼らにはない。少なくともこれについてのクレームはない。」クチェレナ弁護士はこう語っている。

スノーデン氏のロシアでの生活がスタートしたとき、米国から父親がやってきたが、ロシアが息子をどのように受け入れたか、それを確認して満足して帰国した。またガールフレンドのリンゼリ・ミルズさんも何度もロシアを訪れており、一度、ボリショイ劇場でふたりで観劇している姿を目撃されている。

弁護士の話ではスノーデン氏は自分の思うままにロシアの様々な地域を訪れている。ロシアで気に入った場所はあるかとの問いに、弁護士は「サンクトペテルブルクがとても気に入っている」と答えている。

タグ
エドワード・スノーデン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント