10:15 2018年09月21日
ザリャディエ公園

「愛があれば」モスクワ都心公園での性行為罰さないよう提案 市長候補

© Sputnik / Vladimir Sergeev
ロシア
短縮 URL
0 45

ロシア自由民主党からモスクワ市長選挙に出馬するミハイル・デグチャレフ氏は、「愛があれば」都心に昨年オープンした公園「ザリャジエ」で性行為を営む人を罰さないよう呼びかけた。

スプートニク日本

「愛があればこの人達を私たちは罰さない。彼らを罰する必要はない。」

モスクワ市主任建築士のセルゲイ・クズネツォフ氏は先に、赤の広場とクレムリン近くのザリャジエで「未曾有の数の人による性行為」が確認されていると明らかにした。

モスクワ市長選は2018年9月9日に行われる。候補は現職のソビャニン氏含む5人。

関連ニュース

ロシア初のセックスドール・ホテル モスクワで開業へ

「自発的セックス」法 スウェーデンで発効

タグ
セックス, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント