19:00 2018年09月19日
ロシアのラブロフ外相

米国の制裁 シリア、ウクライナは理由ではない 目的はロシア抑止 露外相

© Sputnik / Ramil Sitdikov
ロシア
短縮 URL
米国の新しい対ロシア制裁 (26)
2121

ロシアのラブロフ外相は、米国の発動の対露制裁の目的はロシア抑止政策の推進以外、何ものでもないとする声明を表した。

スプートニク日本

ラブロフ外相は「対露制裁の発動理由はシリアでもなければ、ウクライナでもない。不誠実な競争の手段に使い、ロシア抑止という全く望みのない政策を推し進める意向以外の何ものでもないことは、火を見るよりも明らかだ」と語った。

ラブロフ外相は、英国がソールズベリーの一件を理由に対露制裁をさらに厳格化するよう連合国に呼びかけたことについても、あまりにうぬぼれが強い行為であり、英国は何かと自国の政策を連合国に押し付けたがるとの考えを示した。

関連ニュース

英外相、EUに対露制裁強化を訴える意向

ロシアは米制裁によく対処=フィッチ・レーティングス

トピック
米国の新しい対ロシア制裁 (26)
タグ
制裁, セルゲイ・ラブロフ, 欧州, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント