10:13 2018年09月21日
エホバの証人(アーカイブ写真)

ロシアで活動が禁止された「エホバの証人」の信者ら、フィンランドへ渡る

© AFP 2018 / Bertrand Guay
ロシア
短縮 URL
0 80

ロシアで宗教団体「エホバの証人」の活動が禁止された後、同団体の大勢の信者がフィンランドで亡命を申請し始め、現在フィンランドの移民当局に信者200人以上が亡命を申請している。

スプートニク日本

フィンランドの難民当局の代表Juha Similä氏によると、フィンランドには昨年「エホバの証人」の信者およそ100人が到着し、さらに今年上半期にも約100人が到着、この間におよそ10人の申請が検討され、そのほとんどは亡命を拒否された。フィンランドのAamulehti紙が報じた。

2017年4月、ロシア最高裁は「エホバの証人」を過激な宗教団体と認定し、ロシア国内での活動を禁止した。

現在ロシアには「エホバの証人」の信者がおよそ17万2000人いると考えられている。

関連ニュース

ロシア、「エホバの証人」を「イスラム国」と同格の扱いに

露最高裁 「エホバの証人」過激派と認定

タグ
テロ等準備罪, 宗教, フィンランド, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント