22:52 2018年09月19日
在ロンドン露大使館

露大使館、黒海での挑発行為と英を批判

© Sputnik / Alexey Filippov
ロシア
短縮 URL
0 112

黒海上空を飛ぶロシア哨戒機に対する緊急発進に戦闘機を用いた英空軍の決定は、挑発的な一歩だった。在ロンドン露大使館の報道官が発表した。さらに、ロシア空軍の行動は国際法の基準に厳密に適合しており、英国への脅威ではないとした。

スプートニク日本

「露の沿岸付近を、英国の諸島から2千キロ以上離れた場所を航行していたロシア哨戒機が、英国やその同盟国にすら、せめて理論的に、どのような脅威をもたらしうるというのか?」

報道官が見るところ、ウィリアムソン英国防相など英国の政治家は「挑発的事件としてロシア側のルーチンワーク」を示す一方で、自らは「非常に無責任に行動している」。

「このエピソードは、ルーマニア、ポーランド、およびバルト諸国における英国空軍およびその他NATO軍の配備という考え方の有害性を素晴らしく示している。そのような軍事的存在は、誰かの安全保障を強化するのではなく、実際には英国当局によって、彼ら自身の挑発的な活動のため用いられている。その活動には遺憾なことに口頭、そして単に危険な実際の軍事行為がある。」

英国防省は先に、ルーマニアに展開していた英戦闘機が23日、「挑発的な」ロシア哨戒機の「抑止」のため緊急発進したと明らかにした。

関連ニュース

米偵察機、クリミア沿岸で確認

英内相、ロシアに説明求める 新たな「ノビチョク」被害で

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 情報戦, NATO, 英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント