08:49 2018年12月12日
シリア・イドリブ県(アーカイブ写真)

西側諸国、2日以内にシリアで化学攻撃の演出を予定=ロシア国防省

© REUTERS / Ammar Abdullah
ロシア
短縮 URL
0 182

ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、シリア・イドリブ県にある安全地帯の南部に、塩素を用いた科学攻撃を演出するため外国の専門家が到着したと明らかにした。次の2日間に実行を予定していたという。

スプートニク日本

コナシェンコフ氏によると、「状況の急激な不安定化と進行中の平和プロセスの安定した動きの破壊のため」居住地域カフェル・ザイタに毒物を込めた弾薬による攻撃が行われる予定だった。

ロシア国防省が主張するところ、化学攻撃の演出後、シリアの反体制組織「ホワイトヘルメット」はメディア用に実行済みプロットを撮影。シリア政府軍が「化学弾薬」と「タル爆弾」で同国市民に攻撃したと伝えるためだと、ロシア国防省は主張する。

ロシア国防省の情報によると、イドリブ県に「英国の民間軍事企業Oliva米、シリア攻撃のためペルシャ湾に駆逐艦移動の専門家による指導の下に毒物取り扱い訓練」を受けた戦闘員グループが到着した。Olive Groupはこの主張を否定している。

関連ニュース

露外務省「シリアに対し重大な挑発の可能性」

米、シリア攻撃のためペルシャ湾に駆逐艦移動

タグ
化学兵器, 戦争・紛争・対立・外交, ロシア国防省, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント