09:30 2018年09月22日
テレグラム

テレグラム、テロ容疑ユーザーのデータを情報機関に引き渡しへ

© Sputnik / Kirill Kallinikov
ロシア
短縮 URL
0 20

ロシア人のパーヴェル・ドゥーロフ氏が創業したメッセンジャー「テレグラム」が、テロリズムの容疑をかけられたユーザーらのデータを今後、裁判所の決定に基づいてロシアの情報機関に引き渡していくことに同意した。

スプートニク日本

テレグラムでは、ユーザーに関する情報を明らかにしたことはこれまで一度もないと指摘。今後は、情報開示が行われれば、「透明性レポート」チャンネルで半年に1度公表される報告書で関連情報が発表されることになる。

テレグラムでは、同社のメッセンジャーがメッセージ解読キーを提供し始めることにはならないと強調。この問題に関する立場は変わらないままだ。

ロシアでは4月中頃、モスクワのタガンスキー地区裁判所の決定に基づき、テレグラムが遮断された。この措置は、ユーザーらによるメッセージのやり取りを暗号化するキーをロシア連邦保安庁(FSB)に引き渡すことをテレグラムが拒否したことを受けてとられたもの。

一方、ロスコムナゾール(ロシア連邦通信局)では、仮にテレグラムが裁判所の決定を履行した場合、テレグラムの遮断を解除する用意があると明らかにしている。

関連ニュース

通信アプリ「テレグラム」、ビットコインに対抗できる新仮想通貨を公開か?

「テレグラム」禁止はロシアの安全を損なうだけ ロシアのザッカーバーグが理由を説明

タグ
SNS, インターネット, ロシア連邦保安庁, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント