11:19 2018年09月19日
ドネツク人民共和国

ドネツク人民共和国の指導者「殺害捜査で1人拘束」=指導者代行

© Sputnik / Valeriy Melnikov
ロシア
短縮 URL
292

ウクライナからの独立を宣言したドネツク人民共和国の指導者だったアレクサンドル・ザハルチェンコが暗殺された事件で、容疑者1人が拘束された。容疑者は罪を認めて自白した。共和国のデニス・プシリン指導者代行が明らかにした。

スプートニク日本

「我々の治安当局が一連の措置を実施した。誰がこれを行ったかの理解がある。1人が拘束され、自白した。」

プシリン氏はまた、暗殺はウクライナ保安庁が西側諸国の特殊部隊と協力して行ったものだと主張している。

ドネツク人民共和国のリーダーのアレクサンドル・ザハルチェンコ氏は8月31日、ドネツク市の中心部にあるカフェの爆発テロで暗殺された。

関連ニュース

ウクライナ議員が公言 キエフ当局はドネツク指導者の暗殺関与を認めよ

米、ウクライナ軍への武器供給に前向きな姿勢

タグ
事故, 事件, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント