04:29 2018年09月21日
アゾフ海(アーカイブ写真)

ロシアがアゾフ海を「占領」? ウクライナ大統領の主張に露下院議員が反論

© Sputnik / Anton Denisov
ロシア
短縮 URL
1111

クリミア共和国のロシア下院議員、ミハイル・シェレメト氏は、ウクライナ政府からの海賊行為の脅威とテロの脅威に対抗して、ロシアはアゾフ海の安全措置を強化する必要にかられたと主張した。

スプートニク日本

ウクライナのポロシェンコ大統領は米紙ワシントン・ポストのインタビューに対し、ロシアが「占領」を目的としてアゾフ海への船舶立ち入りを妨害していると述べた。ポロシェンコ氏の主張によると、ウクライナはアゾフ海での明らかな法的地位を有している。そのため、ロシアは「ウクライナの重要な2港、マリウポリとベルジャーンシクから貨物と乗客を輸送する船舶を攻撃したり、停止させる権利を持たない。」

ロシア下院のシェレメト議員はこれに反論。

「アゾフ海における安全措置の強化は、ウクライナ政府からの海賊行為の脅威とテロの脅威に対して必要に迫られた措置だ。ロシアは自国の漁業関係者、民間人、アゾフ海を航行する船舶を、クリミアの船舶『ノルド』に起きたような、ソマリア海賊に類似した船舶の拿捕や市民の逮捕に踏み切る用意があるウクライナ政府の予測不可能で攻撃的な政策から守らなければならない。」

関連ニュース

ウクライナ、ロシアを非難 「ハイブリッド戦争」用に化学兵器開発と

ウクライナ政府、露に対する約「100キログラムの非難」を国連に送付

タグ
戦争・紛争・対立・外交, ペトロ・ポロシェンコ, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント