09:06 2018年10月23日
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官

ロシア国防省、Il-20撃墜事件でイスラエルを非難

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation
ロシア
短縮 URL
1274

ロシア国防省は、シリアで撃墜された偵察機イリューシン20に対する全責任がイスラエル空軍にあると見ている。ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、これは、非プロフェッショナルな行動か、犯罪的な怠慢だと強調した。

スプートニク日本

イスラエル空軍は9月17日、シリアの産業施設に対する空爆の予定を予め報告せず、空爆開始時にロシアに伝えた。これは2015年に締結した空でのインシデント防止に関する合意に違反している。ロシア国防省のコナシェンコフ報道官が23日、明らかにした。

ロシア国防省は、イスラエルはロシアのIl-20が撃墜される前に自国の戦闘機の所在地についてロシアに通告しなかったと発表した。

ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、イスラエルの戦闘機F-16は、ロシア側がイスラエル空軍の指揮所に撃墜に関する情報を伝えた10分後にようやくロシアのIl-20が撃墜されたゾーンから出たと述べた。

イスラエル空軍はF16戦闘機の爆撃地点に関してロシア軍を誤らせた。結果、イリューシン20は安全な地域に避難できなかった。

ロシア国防省は、イスラエルの戦闘機F-16の操縦士らは、意図的にロシアのIl-20を盾にしてシリアの対空ミサイル攻撃を防いでいたと考えている。

ロシア国防省は、9月17日のイスラエル戦闘機の行動は、軍用機及び民間機にとって脅威であると発表した。

露国防省はモスクワ時間9月17日深夜23時(日本時間で18日午前5時)、ロシア軍機IL-20との通信が途切れたのは、同機がシリアのフメイミム空港に戻る途中のことだったと明らかにした。同省の調べによれば、当時IL-20機は地中海沿岸から35キロの地点に位置していた。ほぼ同時刻、イスラエルのFー16 戦闘機 4機がラタキヤにあるシリア政府軍の拠点を攻撃していたほか、仏フリゲート艦「オーヴェルニュ」からもミサイルが発射されていた。

露国防省のイーゴリ・コナシェンコフ公式報道官は、イスラエルの無責任な行為が原因となり、シリアでロシア人軍人15人が死亡したことを明らかにした。

関連ニュース

シリア大統領 IL-20機撃墜の2日後にプーチン大統領に弔電

露外務省、イスラエル大使を呼び出し シリアでの露軍機撃墜に関連

タグ
武器・兵器, 事件, 軍事, ロシア軍, イスラエル, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント