15:49 2018年10月22日
ロシアのラブロフ外相

オランダでの「スパイ」をめぐる状況は、注意をそらすための策略=ラブロフ外相

© Sputnik / Ramil Sitdikov
ロシア
短縮 URL
1122

ロシアのラブロフ外相は、化学兵器禁止機関(OPCW)へのサイバー攻撃を試みたとしてオランダがロシアを非難している状況について、EUとNATOの問題から注意をそらすための「策略」の一例だと指摘した。

スプートニク日本

ラブロフ外相は「この4月の話は、NATO外相会議を前に意図的に引っ張り出された」と語った。

またラブロフ外相は「スパイ行為で非難されているロシアの専門家たちのハーグ訪問にはいかなる秘密もなかった」と述べ、これは「ルーティーン」の訪問だったと指摘した。

関連ニュース

ロシア大使館、英に「サイバー攻撃」の情報共有を要請

ロシアによる化学兵器禁止機関へのハッカー攻撃は一切なく、ありえない=露外務省筋

タグ
スキャンダル, ハッカー, 化学兵器禁止機関, オランダ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント