23:42 2018年11月20日
ラブロフ外相

ラブロフ外相、米国のINF条約離脱の本当の理由を語る

© Sputnik / Ramil Sitdikov
ロシア
短縮 URL
0 42

ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はモスクワを訪問した際に、中距離核戦略(INF)全廃条約をめぐる状況について説明した。ロシアのラブロフ外相は、テレビ局「ロシア1」の番組で、ボルトン氏はINF条約の離脱について、アジア諸国における中射程及び短射程ミサイルの存在がその理由だと説明したと語った。

スプートニク日本

ラブロフ外相は「ボルトン氏は、まず米国はアジア方面に関心を持っており、そこで米国の中射程及び短射程兵器の『不公正』な欠如を補うことを望んでいると十分率直に話した」と語った。

関連ニュース

米がINF全廃条約から離脱なら軍拡競争のリスク=露外務省

ボルトン補佐官「INF条約に関する米立場を日本が支持する可能性」 英に続き

タグ
露米関係, ロシア外務省, セルゲイ・ラブロフ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント