21:00 2018年11月17日
ロケット「ソユーズFG」【アーカイブ写真】

「ロスコスモス」、ソユーズ宇宙船打ち上げ失敗の原因を発表

© Sputnik / Alexey Filippov
ロシア
短縮 URL
0 05

ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」有人飛行プログラムの執行責任者セルゲイ・クリカリョフ氏は31日、ソユーズ宇宙船の打ち上げ失敗について、1段目と2段目の分離センサーの誤動作により発生したと発表した。

スプートニク日本

クリカリョフ氏は記者団に「委員会が発見した原因は、1段目と2段目の分離に関する信号を送るセンサーの誤作動だった」と述べた。

クリカリョフ氏によると、これによってソユーズFGの1段目のサイドブロックの1つが必要な距離に離れず、2段目の燃料タンクにぶつかり、タンクが破裂した。

10月11日、現代ロシア史上初となる有人宇宙飛行での事故が起きた。打ち上げロケット「ソユーズFG」は、新たな国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在クルーを乗せた宇宙船「ソユーズMS-10」を軌道に投入することができなかった。なお宇宙飛行士らは脱出用カプセルで地球に着陸した。

タグ
事件, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント