16:37 2018年12月13日
欧州人権裁判所【アーカイブ写真】欧州人権裁判所【アーカイブ写真】

欧州人権裁判所、ロシアを相手取った申し立てで野党指導者ナワリヌイ氏の訴えを認める

© AFP 2018 / PATRICK HERTZOG © Sputnik / Grigoriy Sisoev
1 / 2
ロシア
短縮 URL
124

欧州人権裁判所(ECHR)は、ロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が2012年から2014年に抗議デモで拘束されたことに関する同氏の訴えを認めた。ロシアは賠償金を支払わなければならない。

スプートニク日本

裁判所の判決によると、賠償額は6万3000ユーロ。

ECHRは、ナワリヌイ氏の弁護士が2012年5月から2014年6月に申請した複数の訴えを併合した。これは、許可を受けていない屋外での抗議デモにおけるナワリヌイ氏の拘束、逮捕、罰金に関するもの。

ナワリヌイ氏の弁護士らは、ロシアの行為は「政治的動機」に基づいたものだと述べた。

また弁護士らはECHRの判決について、「最終的なものであり、控訴の余地はない」と指摘した。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント