19:43 2018年12月19日
アエロフロート・ロシア航空

ロシア最大の航空会社 搭乗手続きに生体認証の導入を予定

© 写真 : Aeroflot Press Service
ロシア
短縮 URL
0 23

ロシア最大の航空会社「アエロフロート・ロシア航空」は、来年からモスクワのシェルメンチェボ空港で搭乗手続きに生体認証を導入する予定だと、同社のキリル・ボクダノフ副社長が明らかにした。

スプートニク日本

ボクダノフ副社長によれば、アエロフロート社はこの分野での独自の技術を使用する計画だ。データ収集は、空港の「クリーンゾーン」に入る前に、特別な管理フレームを通過する際に行なわれる。そこでは、乗客は搭乗確認を行う装置にチケットをかざし、顔認証カメラが乗客を撮影する。その後、チェックポイントの通過は、チケットの確認だけとなる。

カメラは再度乗客を撮影し、特別な管理フレームですでに撮影された写真データと照合される。顔のデータ照合が一致したら乗客は自動的に機内に移動すると、ボクダノフ副社長は説明した。アエロフロート社によればこの技術の導入によって、乗客の搭乗手続きを30%早めることができるようになる。

関連ニュース

操縦士が乗客から隠そうとする真実

盗んだり、放り投げたり?世界の複数の空港でのスーツケースの取り扱い

タグ
飛行機, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント