16:36 2018年12月13日
ペスコフ露大統領補佐官、日米同盟に言及

ペスコフ大統領報道官、日米同盟に言及

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
291

ドミトリー・ペスコフ露大統領報道官は18日、日本との平和条約締結に向けた交渉に際しては日米同盟を考慮する意向だと明らかにした。露国営テレビ「ロシア1」が伝えた。

スプートニク日本

ペスコフ大統領報道官は「ミハイル・ゴルバチェフ共産党書記長、ドイツ、米国。そして忍び寄るNATO拡大の影。それらを忘れてはならない。ロシア国境付近にはNATOの軍事インフラが今日に至るまで接近を続けている。かくも豊富な経験を有しているロシアは、日米同盟をはじめとする日本と諸外国との同盟関係を考慮せずにはいられない」との考えを示した。

ペスコフ大統領報道官はまた、「(平和条約締結を巡る)交渉に際してはこの(日米同盟に関する)問題に対する答えを見つける必要があるのは言うまでもない。これを抜きにして前進することは不可能だ」と強調した。

関連ニュース

日ロ会談の成果、与野党が議論 与党は評価、野党は2島をけん制

プーチン大統領:日本は、1956年の共同宣言を基礎に平和条約を協議する用意を表明した

タグ
戦争・紛争・対立・外交, ドミトリー・ペスコフ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント