06:29 2019年01月17日
バシリー・ナイデンコ氏

「それならば年金を寄付しようと思ったんだ」 ロシアの年金受給者が地区病院を修繕【写真】

© 写真: Government of Nizhny Novgorod region
ロシア
短縮 URL
0 110

ニジニ・ノヴゴロド州クラースヌィエ・バキ村(モスクワから500キロ)に住むバシリー・ナイデンコ氏は、自分の貯金と仲間から集めたお金で地区病院の修繕を行った。また、彼の働きかけにより、国有企業「ロシア鉄道」が村の鉄道のプラットフォームを建設した。地元メディアが報じた。

スプートニク日本

2年前、年金受給者のナイジェンコ氏は、地元の病院で治療を受けた際、施設の状態に衝撃を受けた。「35年間一度も修繕されていないとはなんたることだ! 自分の年金を寄付しよう。妻だって受給しているし、葬儀代だって残る」ナイジェンコ氏は自費で窮状をなんとかしようと決意した。

ナイジェンコ氏は、自分で建材を購入し、病院に運んだ。そして新聞広告であおいだ協力要請に応じた人たちが集まり、2年を費やし、入院用20部屋と診察室が完全に修繕された。また、各部屋のドアには、寄付者の名前が入った名札が掛けられた。

また、ナイジェンコ氏の働きかけにより、ロシア鉄道会社が村の鉄道プラットフォームを建設した。ナイジェンコ氏によれば、プラットフォームがなかったため、この場所で降りる用事のある人が「列車から直接盛り土に飛び下り、足を骨折する」ケースが後を絶たなかった。

このプラットフォーム建設にともない小さな駅ビルも建てられ、そこには駅長が配属された。

関連ニュース

タグ
びっくり, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント