21:34 2019年10月15日
サンクトペテルブルク

プーチン大統領、ロシア正教のクリスマスで祈り捧げる【動画】

© Sputnik / Alexey Kudenko
ロシア
短縮 URL
1130
でフォローする

ロシア正教会のクリスマスにあたる7日、ウラジーミル・プーチン露大統領はロシア西部の都市サンクトペテルブルクにある「救世主顕栄大聖堂」を訪問し、祈りを捧げた。

スプートニク日本

大聖堂は祈りに訪れた人々で満たされ、その中には大勢の子供の姿が見られた。そのほか、北西連邦管区で大統領全権代表を務めるアレクサンドル・グツァン氏やサンクトペテルブルク市長代行のアレクサンドル・ペグロフ氏らも出席した。

プーチン大統領は首相職を務めていた2012年のクリスマスでも、救世主顕栄大聖堂で祈りを捧げている。

一方、メドベージェフ首相も、妻とともにロシアの首都モスクワにある「救世主ハリストス大聖堂」を訪問し、祈りを捧げた。

ルーマニアやギリシャをはじめとする正教会諸国では20世紀初め、グレゴリオ暦に切り替えられた。一方、ロシア正教会は旧暦の「ユリウス暦」を採用している。そのため、ロシアではクリスマスが1月6日から7日にかけての夜中に祝われる。

ソビエト政権が樹立された旧ソ連では1918年に太陽暦を基とした革命暦が採用され、クリスマスを祝うことが禁じられていた。その後革命暦が定着することなく、1935年になり、ソビエト政権は再びクリスマスツリーを飾ることを許可している。

関連ニュース

クリスマス飾り ソ連時代と現代ロシア

タグ
文化, 宗教, ウラジーミル・プーチン, サンクトペテルブルク, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント