07:44 2019年11月13日
製地対空ミサイルシステム「S400」、中国で試験

露製地対空ミサイルシステム「S400」、中国で試験

© Sputnik / Evgeny Biyatov
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
0 100
でフォローする

ロシア製の地対空ミサイルシステム「S400トリウムフ」の試験プログラムを中国軍が完了した。ある軍事外交筋の話として、複数のロシアメディアが伝えている。指摘によると、試験発射は2018年12月に実施されたという。

スプートニク日本

中国へのS400供給に向けた契約は2014年に署名され、最初の1組が2018年1月に出荷されている。同国は6基のS400を30億ドルで取得し、この防空システムを発注した初の外国となった。

S400は、長・中距離の射程を有するロシア製地対空ミサイルシステムで、最大で400キロ先のミサイルや飛行機による攻撃を撃退することが可能。レーダーは、最大で600キロ離れた目標を発見できる。

2018年9月には、S400を購入するとの最終決定をインドが承認。また、米国による制裁の脅威にもかかわらず、13カ国以上がS400の購入に関心を持っている。S400の購入に関する問題は、これまでにサウジアラビアやカタール、アルジェリア、モロッコ、エジプト、ベトナム、イラク、その他の一連の国々で検討されている。

関連ニュース

ロシア航空宇宙軍 来年、最新の対空防衛を軍備 露国防省が発表

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
タグ
軍事, 武器・兵器, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント