17:36 2019年01月21日
ファンID

W杯後もファンIDで3万人超が訪露

© Sputnik / Pavel Lisitsyn
ロシア
短縮 URL
0 40

サッカーFIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会閉幕から4ヶ月で、3万人を超える外国人がファンIDによる査証(ビザ)なし入国の権利を活用した。イワノフ外務次官が明らかにした。

スプートニク日本

外務省は将来的に、ビジネス、学術、文化、スポーツといった大型国際イベントの参加者向けに同様の制度導入も検討している。作成プロセスの簡略化を狙い、ファンIDの電子化も計画されている。

W杯はロシア11諸都市で昨年6月14〜7月15日にかけて開催された。W杯は初めてファンの専用パスポート制度が用いられたイベントとなった。

W杯後、プーチン大統領はファンID所有者が昨年末までビザ申請無しでロシアに入国できる法律に署名した。

関連ニュース

ロシア、試験版免税制度を今年いっぱい延長 外国人旅行者の消費促進目指す

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント