09:22 2019年02月16日
レーニン埋葬

ロシア社会はレーニン埋葬に心の準備ができていない=人権評議会委員

© Sputnik / Oleg Lastochkin
ロシア
短縮 URL
222

ロシア大統領人権評議会委員であるアレクサンドル・ブロド氏は、レーニンの遺体を埋葬する必要があるが、まだロシア社会にその準備はできていないとする認識を示した。

スプートニク日本

今月21日、レーニンが死んで95年になる。

「マルクス主義、共産主義の理想の元で教育された国民の大部分がいるため、今はこの措置(レーニン埋葬)は深刻な反発を引き起こしかねないと見ている。彼らにとってレーニンの身体は依然として神聖だ。社会は今そうでなくても緊張している」

一方でブロド氏は、人類の伝統と母親の近くに埋葬されるというレーニン個人の意志を尊重して遺体を葬るべきだとする賛成派は常に存在したと指摘した。

関連ニュース・記事

タグ
文化, 歴史, 人権問題, びっくり, ソビエト連邦, ウラジーミル・レーニン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント