04:15 2019年07月23日
モスクワで68年ぶりの大雪

モスクワで68年ぶりの大雪 空の便大量欠航、交通事故【動画】

© Sputnik / Grigory Sysoev
ロシア
短縮 URL
0 03

26日から27日にかけ、ロシア首都圏で68年前の観測値に匹敵する大雪が降っている。時刻表・運行情報サービス『ヤンデックス時刻表(Yandex.Raspisanie)』によると、27日朝、空港では50を超える便が遅延し、11便が欠航を決定した。町では除雪車が稼働しており、運転を控えるよう発表された。

スプートニク日本

モスクワ時間27日7時30分(日本時間13時30分)の時点で、ブヌコボ国際空港では3便が遅延、2便が欠航、ドモジェドヴォ空港では7便が遅延、9便が欠航、シェレメチェボ国際空港では40便が遅延となっている。

​26日には60便が遅延・欠航となった。ロシア非常事態省モスクワ局は先に、天候のさらなる悪化が予測されることを受けて、緊急注意報を発表した。

​予測によると、26日から27日にかけて首都圏では、瞬間最大風速が秒速12〜17メートルの強い風を伴う吹雪が観測されている。

​道路には路面凍結や吹き溜まりがあり、場所により50センチの積雪深に達している。26日にモスクワで観測された降雪は68年ぶりの大雪だった。

​悪天候により大規模な交通事故が複数件発生した。

タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント