23:32 2019年02月20日
画家アルヒープ・クインジの『クリミアのアイ・ペトリ』

盗まれたクインジの絵画担当だった監視員を解雇

© 写真 : Public domain/Arjip Kuindzhi
ロシア
短縮 URL
0 20

画家アルヒープ・クインジの『クリミアのアイ・ペトリ』が27日に持ち去られたトレチャコフ美術館のホールで働いていた女性監視員が、同美術館から解雇された。同美術館の広報関係者が明らかにした。

スプートニク日本

説明によれば、この監視員は性格上の特質が原因で「集中することができず、職責を果たせなかった」のだという。また、「彼女(監視員)は茫然自失の状態にあった。このことは許し難い」ともされている。

クインジの絵画は持ち去られた後、既に展覧会に戻されており、1日の朝にはホール内に配置されている。同美術館は、このホール内の監視所の数を増やす決定を下している。

関連ニュース

タグ
芸術, びっくり, 事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント