23:33 2019年02月20日
軍事(アーカイブ写真)

ロシア海軍、幻覚発生兵器を導入

© Sputnik / Vitaliy Timkiv
ロシア
短縮 URL
2111

ロシア海軍は、視覚光学妨害基地「フィリン(ワシミミズク)」を導入し始めた。基地は敵の目をくらませて幻覚を引き起こす。

スプートニク日本

実験では、この基地が守る標的を狙った狙撃は不可能だった。この機器は「目の前に光の点」を作り出し、めまいや吐き気、空間識失調の兆候を引き起こす。

フィリンは光線の輝度を変化させることで人間の視神経を興奮させ、一時的な視覚障害を引き起こす。

このシステムは夜間や夕闇に監視やターゲティングを抑制するほか、艦船やボートに対する近接武器として用いることが出来る。

関連ニュース

1.4兆円の空母に新たに問題発覚=ブルームバーグ

スホイ27、NATOのF15の進路を厳しく妨害【動画】

タグ
軍事, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント