16:59 2019年02月23日
プーチン大統領 【アーカイブ写真】

プーチン大統領、露入国時のビザ免除制度に支持表明

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
ロシア
短縮 URL
0 90

ロシアのプーチン大統領が、電子ビザ(査証)の適用、及び短期間の滞在を目的とした観光客による同国への入国の際にビザを免除する制度を拡大する構想について、これを支持するとの考えを表明した。

スプートニク日本

「ビジネス・ロシア」と題したフォーラムの一環として発言した中で、プーチン大統領は、「この試みについては、極東あるいは他の複数の地域において、一般化し拡大していく必要がある。もちろん、電子ビザのより広範囲な利用に向けて移行していく必要がある、これは確かなことだ。これら全てについて現在、作業が行われている」と明らかにした。

同時に大統領は、外国人向けのビザ免除制度に関して、法執行機関が熱意を全く共有していないとする一方で、法執行機関の態度について「しばしば根拠がある」とも指摘した。

現在、ロシア国内を旅行するためには、ロシアが2国間協定を締結しているアルゼンチンやブラジル、イスラエル、さらに一部の国々を除く大部分の国々の観光客にとって、ビザを取得することが不可欠となっている。

関連ニュース

タグ
ビザ・査証, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント