22:38 2019年03月22日
プーチン大統領 (アーカイブ写真)

プーチン大統領、柔道と「バラ色の眼鏡」の関係について語る

© Sputnik /
ロシア
短縮 URL
0 111

ロシアのプーチン大統領は、ソチで柔道家らと練習した後、柔道は気分を改善し、世界を「バラ色の眼鏡」を通さずに見ることを助けると語った。

スプートニク日本

プーチン大統領は、運動をするとアドレナリンのレベルが高まり、気分が改善され、人生の見方が変わると説明した。

またプーチン大統領は、柔道の練習は頭をすっきりさせるのに役立つと指摘した。

先にプーチン大統領は、子どもの頃から柔道をたしなみ、柔道のおかげで他のスポーツにも興味を持つようになったと語っている。

プーチン大統領によると、柔道の基本は相手を敬うことであり、これはすべての分野の人間関係においてポジティブなエネルギーを与える。

関連ニュース

タグ
柔道, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント