06:34 2019年03月27日
ケーブル

露国営通信社、南クリル諸島に光ファイバー敷設 高速インターネット利用可能に

© Fotolia / Angelus_liam
ロシア
短縮 URL
171

露国営通信会社のロステレコム社は26日、南クリル諸島における高速インターネット網の構築を発表した。

スプートニク日本

ロステレコム社により敷設される光ファイバーケーブルは、極東連邦管区の都市ユジノサハリンスク、イトゥルップ島(択捉島)、クナシル島(国後島)、シコタン島(色丹島)、クラボザヴォツコエ村をつないでいる。ロステレコム社によると、同地域の住民には高速インターネットが提供される。

プロジェクトの総工費は33億ルーブル(55億円超)で、うち27億ルーブル(45億円超)がロシアの国家予算から拠出された。

光ファイバーケーブルの敷設は2018年6月に着工された。総延長は約815メートル。通信路容量は40ギガバイト毎秒で、最大8テラバイト毎秒まで拡大できるとされている。

南クリル諸島は日本では「北方領土」として認識されている。

関連ニュース

露日平和条約交渉 安倍首相、戦略の練り直しに入る=時事通信

南クリルの主権にロシアが固執する理由とは

タグ
テクノ, インターネット, 領土問題, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント