09:44 2019年12月15日
アルコール

露小売チェーン、店舗でのアルコール飲料不足を懸念 メディア報道

© Sputnik / Igor Zarembo
ロシア
短縮 URL
0 01
でフォローする

ロシアの各小売りチェーンが、アルコール飲料の販売免許について、大量に一時停止されるのではないかと懸念している。同国の小売業者協会の情報として、複数のメディアが伝えている。

スプートニク日本

このような事態が発生し得るとされているのは、ロシアの各地方政府が罰金の未払いを追跡する際に用いる「国家支払システム」でエラーが起きる可能性があるからだ。

あるメディアによると、既にロシアの複数の地域で、システムの故障により、商店でのアルコール飲料の販売が一時的にできなくなったケースが約10件記録されているという。

中には、滞納されている罰金のうち、既に納付済みのものがシステム内では未払い分として反映され、このことが免許の一時停止を招いている事例もあるという。各小売りチェーンは、今後このようなエラーが多量に発生し、大きな損失を誘発する可能性があるとして懸念している。

関連ニュース

アルコールが原因で世界では毎年300万人以上が死亡している=WHO

世界で最も多く酒を飲む国々を発表

タグ
経済, 食品, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント