20:05 2019年10月21日
スーツケース(アーカイブ写真)

米大使館職員がモスクワ空港に持ち込みの砲弾は安全=米国務省

© Sputnik / Ruslan Krivobok
ロシア
短縮 URL
227
でフォローする

米国務省はスプートニクに、露モスクワのシェレメチェボ空港で米大使館職員の手荷物から見つかった迫撃砲弾は危険ではなかったと伝えた。

スプートニク日本

ロシア外務省が先に発表したところ、シェレメチェボ空港で9日、米大使館職員の荷物を検査した際に、信管はあるが爆発物は除去済みの迫撃砲弾が見つかった。迫撃砲弾内部には、爆発物の痕跡があったという。

米国務省は、「状況は解決済みで、当局が荷物から物品を没収したあと、この人物はロシアからの出国を許可された」と伝える。

その上で「乗客に危険は一切なかった」と続けた。

露外務省が伝えるところ、この人物は米軍と直接関係している。

露外務省は、この人物が「荷物の中の砲弾が非常に深刻なことだと単に理解できなかった」とした上で、「意識的にこうした行動を行った」との認識を示した。

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント