12:36 2019年11月13日
クリミア

クリミア議員、半島の「監視」止めるよう米国に訴え

© Sputnik / Alexey Malgavko
ロシア
短縮 URL
0 31
でフォローする

クリミア共和国議会のイバン・ショヌス議員は、米海軍の哨戒機によるクリミア国境付近の飛行が頻発していることは懸念を引き起こすとして、米政府は半島の「監視」を止める頃だと述べた。

スプートニク日本

航空機追跡サービス「PlaneRadar」が示したところ、米海軍の対潜哨戒機「P8Aポセイドン」が今月4日夜、クリミア付近で偵察飛行を行った。この少し前にも米戦略無人機「RQ-4グローバル・ホーク」がロシア黒海沿岸で偵察飛行を行った。

​関連ニュース

タグ
飛行機, 米国, ロシア, クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント