06:30 2019年10月18日
大祖国戦争(1941-1945)勝利74周年を祝う戦勝記念軍事パレード

大祖国戦争(1941-1945)勝利74周年を祝う戦勝記念軍事パレード

© Sputnik / Alexey Filippov
ロシア
短縮 URL
0 142
でフォローする

今日ロシアは、大祖国戦争でのナチス・ドイツに対するソ連国民の勝利74周年の記念日を祝っている。

スプートニク日本

この日、東はペトロパヴロフスク-カムチャツキイから西はカリーニングラード、南はクリミア半島のセヴァストーポリから北はムルマンスクまで、まさにロシア全土で、軍事パレードが行われ、ナチズム壊滅74周年を記念する数多くの行事が催されている。 そうした軍事パレードの中でも、中心的なものとなるのは、モスクワ赤の広場で催されるパレード。

ニュースメッセージ
  • 17:06

    戦勝パレードは、その幕を閉じた。

  • 17:04
    大祖国戦争(1941-1945)勝利74周年を祝う戦勝記念軍事パレード
    © Sputnik / Alexander Wilf
  • 16:59

    軍事兵器のデモンストレーションのおしまいは、将来有望な歩兵戦闘車両「ブメラング」の縦列で、ロシア連邦軍旗を翻しながら、赤の広場を進んで行く。

  • 16:58
    © Sputnik / Aleksey Nikolskyi
  • 16:57

    S−400「トリウームフ」対空ミサイルシステムの車列が赤の広場を進む。

  • 16:56

    中・低高度防空ミサイル・システム「ブークM2」と短距離防空ミサイル・システム「トールM2U」の縦列が、広場を行く。

  • 16:55

    高精度短距離弾道ミサイル「イスカンデルM」大隊が、赤の広場を行く。

    「イスカンデル-M」
    © Sputnik / Grigori Sysoev
  • 16:54

    152mm自走榴弾砲「ムスタSM」と改良型装甲車両BTR−82Aからなる車列が陸軍砲兵部隊を代表する。統一火器操作システムは火砲システムが最大限の距離に極限までの正確さで砲撃することを可能にする。

  • 16:54

    第106トゥールクトゥーゾフ赤旗勲章親衛空挺師団のパレード隊、BMD−4MとBTR−MDMが赤の広場の石畳を進む。

  • 16:52

    ロシア装甲車両の現世代機、「T−14アルマータ」戦車と主要戦車「T−72B3」、戦車支援車両「テルミナートル」が赤の広場を行進する。

    © Sputnik / Evgeny Biyatov
  • 16:52

    赤の広場を、歩兵戦闘車両が行く。

  • 16:51

    大祖国戦争時代最高の戦車Т-34の入場が始まる。これは戦車軍の主力だった。

    ロシア連邦軍の最新兵器の車列を先導するのは戦闘モジュール「アルバレト」と対戦車システム「コルネット」を備えた多用途装甲車「タイフーン4ナ4」と「ティーグルーM」だ。

  • 16:50

    パレードの先頭は、機械化部隊の縦列そしてロシア軍の近代兵器である。

    © Sputnik / Pavel Lisytsin
  • 16:49

    モスクワ高等汎軍指揮学校「クレムリン士官候補生」の士官候補生がパレードの歩行部を完了させる。

  • 16:48

    第2親衛自動車化狙撃旅団とアンドロポフ記念第4親衛戦車師団が赤の広場を行進する。

  • 16:45
    © Sputnik / Vitaly Ankov
  • 16:43

    ティモシェンコ元帥記念対放射線、化学及び生物兵防護軍事アカデミーの分隊が、赤の広場を行く。

  • 16:43

    第38独立鉄道旅団が赤の広場を行進する。

  • 16:42

    ロシア連邦軍軍警察パレード隊も赤の広場のパレードに参加する。

  • 16:42

    リャザン親衛高等空挺式学校の士官候補生と第331親衛パラシュート降下コストロマ連隊の降下部隊が赤の広場を行進する。彼らは最新鋭ロシア製アサルトライフルAK−12を初めてパレードで披露する。

  • 16:40
    戦勝記念軍事パレード
    © Sputnik / Alexey Filippov
  • 16:40

    ジューコフソ連元帥記念航空宇宙防衛軍事アカデミーの女性軍人が赤の広場を行進する。

  • 16:40

    ロシア防衛省女性軍人合同パレード隊が赤の広場を行進する。

  • 16:38
    © Sputnik / Alexander Vilf
  • 16:36

    赤の広場を行くのは、ロシア海軍連隊である。

    © Sputnik / Илья Питалев
  • 16:35

    ひな壇の前を、航空宇宙軍の連隊が通り過ぎる。

  • 16:34

    フルリョフ上級大将記念物資技術保障アカデミーが赤の広場を行進する。

  • 16:33

    ロシア陸軍の連隊が、赤の広場を行進する。

  • 16:32

    ロシア国防省のイニシアチブで創設された愛国組織「ユナルミヤ(ジュニア・アーミー)」運動の代表メンバーが、赤の広場で行進する。そのメンバーは、10代の男女7万人以上を数える。

  • 16:31

    クロンシュタット海軍学校、ロシア連邦国家防衛隊大統領学校、ロシア連邦捜査委員会学校がこれに続く。

  • 16:31

    サンクトペテルブルクナヒーモフ海軍学校のパレード隊が赤の広場を行進する。

  • 16:30

    赤の広場を行進するのは、パレード参加者中最年少、モスクワ・スヴォロフ軍学校の中隊だ。

  • 16:29

    戦勝旗、ロシア連邦国旗とロシア軍旗を掲げた一団が行進する。

  • 16:28

    祝賀パレードの先頭は、このパレードを指揮するオレグ・サリュコフ大将である。

    赤の広場の軍事パレードの幕を開けるのはロシア国防省モスクワ軍学学校の打楽器中隊。若き音楽家たちはパレード隊の動きにテンポとリズムをつける。

  • 16:25

    ロシア国歌演奏

    戦勝記念軍事パレード
    © Sputnik / Alexandr Kryajev
  • 16:21

    黙祷

    © Sputnik / Илья Питалев
  • 16:15

    ロシア連邦大統領の演説

    © Sputnik / Alexey Druzhynin

    ロシアのプーチン大統領は、モスクワの戦勝パレードの祝辞で、「わが国の歴史において英雄的業績はたくさんあるが、ナチズムに対する勝利は、その中で特別な場所を占めている」と述べた。

    プーチン大統領は、我々はこんにち、一連の国々で戦争の出来事が故意にゆがめられているのを目にしていると指摘し、「我々の神聖な義務は、真の英雄たちを守ることだ。皆さんは異なる国に住んでいるが、皆さんが一緒に達成した偉業を分けることは不可能だ。我々は常にすべての皆さんと、また全ての人にとって一つであった、そして一つであり続けている勝利を尊敬する」と強調した。

    ロシアは、テロやネオナチズムに公然と立ち向かう用意のあるすべての人々との協力に向けて開かれている。

  • 16:15

    ロシア国防大臣、セルゲイ・ショイグ将軍は、部隊の観閲を終わり、ロシア連邦軍最高総司令官であるウラジーミル・プーチン大統領の元へ向かう。

  • 16:14

    国防相は、陸軍、航空宇宙軍、海軍、空挺、ミサイル、戦略部隊及び。非常事態省、国家親衛隊、非常事態省の軍人ら、さらにはパレードの最も若い参加者達である、スヴォ―ロフ及びナヒーモフ軍学校や軍青少年組織の代表らに挨拶を送った。

  • 16:13

    赤の広場の軍事パレードにはロシア連邦軍全軍全部隊から1万3千人を超える兵士が参加し、兵器132個、航空機74機が登場する。また、その他治安・国防関係省庁のパレード隊も参加する。

  • 16:12

    まず、ショイグ上級大将は陸軍を祝福する。

  • 16:11
    大祖国戦争(1941∸1945)勝利74周年を祝う戦勝記念軍事パレード
    © Sputnik / Alexander Vilf
  • 16:10

    国防相は、大祖国戦争勝利74周年にあたり軍人達にお祝いの挨拶を送るため、パレードの分隊を回り始める。

  • 16:07

    ロシア連邦軍司令官、セルゲイ・ショイグ国防相(ロシア連邦英雄)が戦勝パレードの入場を迎え入れる。パレードを指揮しているのは、陸軍最高司令官のオレグ・サリュコフ大将である。

    彼らはロシア製オープンカー「Aurus」に乗り、軍を先導する。同車は今年初めてパレードに参加する。

    ロシア連邦軍司令官、セルゲイ・ショイグ国防相
    © Sputnik / Grigoriy Sisoev
  • 16:02

    赤の広場に、ロシア連邦国旗と伝説的な勝利の赤旗が入場。

    大祖国戦争(1941∸1945)勝利74周年を祝う戦勝記念軍事パレード
    © Sputnik / Alexey Kudenko
  • 15:56

    スパスカヤ塔のチャイムを合図にパレード開始

ライブ
大祖国戦争(1941-1945)勝利74周年を祝う戦勝記念軍事パレード
+
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント