20:31 2019年09月16日

スタンガン搭載のドローン ロシアの治安・国防関係省庁の職員用に開発

© Sputnik / Nikolay Hiznyak
ロシア
短縮 URL
0 22
でフォローする

ロシアはスタンガンやレーザー照射が可能なドローンのテストに成功した。このドローンは、遠隔操作が可能なスタンガンとレーザーによる目くらましによって、犯罪者の動きを一時的に制止させ、拘束することができる。その際、身体に害が及ぶことはない。テストの模様は治安・国防関係省庁の職員のためにデモンストレーションとして実施された。

スプートニク日本

遠隔スタンガンは、電極を発射する。これにあたると犯罪者は数分間麻痺してしまう。犯人逮捕は、これだけの時間があれば、犯罪者にもその拘束劇に加わった者らにも被害を出さず楽に行うことができる。

レーザー光線の射程距離は最大30メートルで、フラッシュの照射によって一時的に犯人の目を眩ませ、対抗しようとする力を制する。

ドローンは、野外、室内の別を問わず、犯人の頭上に静止し留まり、相手の動きを止めることができる。ドローンは高層ビル街や山岳地域でも自由に行動できる。またカメラが搭載されているため、オペレーターは安全な場所から状況を判断し、命令を出し、ビデオ録画を行なうことができる。補足してラウドスピーカーやサイレン、赤外線カメラの搭載も行える。

関連記事

露警察、音の大砲と超高精度狙撃銃を導入へ【写真】

最も美しい「ロシア国家親衛隊」の女性職員が選ばれる【写真】

タグ
テクノ, 警察, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント