14:46 2019年06月16日

ロシア首相、経済特区「クリル」拡大に署名

© Sputnik / Andrei Shapran
ロシア
短縮 URL
南クリル諸島:不和あるいは協力の島? (59)
161

ロシアのメドベージェフ首相は、先進経済特区(TOR)「クリル」の区域を拡張する法案に署名したと発表した。

スプートニク日本

トルトネフ副首相によると、この変更は特区内での4つの新プロジェクト実現によって引き起こされたもの。プロジェクトは観光施設、新たな水産工場、船舶修理工場、建設会社の複合施設だ。

プロジェクトによって、シコタン(色丹)島とパラムシル(幌筵)島への総投資額が60億ドル(約102億円)を超え、240人分の雇用が生まれる。

トルトネフ氏によると、現在、極東には18のTORで39件の投資が動いている。すでに85社が創設され、総投資額は519億ルーブル(約885億円)で7000人分の雇用を生んだ。

2016年からロシア極東で設置されている経済特区は様々な投資プロジェクトを実現するための唯一無二の場である。漁業、エネルギー、鉱業、観光などの国内外のプロジェクトがある。

関連記事

トピック
南クリル諸島:不和あるいは協力の島? (59)
タグ
経済, クリル諸島, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント