18:15 2019年06月27日

プーチン大統領 国際テロ対策の必要性を強調

© Sputnik / Ilya Pitalev
ロシア
短縮 URL
0 101

プーチン大統領は国際テロ犯の不法侵入を防ぐよう、国境警備隊に対して更なる警備強化を求めた。

スプートニク日本

ロシアはその地理的特徴から国境が世界で一番長く、国境警備は国家の重要な課題として位置付けられている。この現状を踏まえてプーチン大統領は今月28日の「国境警備の日」に向けて、「国際テロリスト、密輸業者、国際犯罪集団の不法侵入を厳しく摘発する必要がある」と発言した。

ロシアで5月28日は「国境警備の日」に定められている。1918年のこの日、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国(ソ連の構成国)の人民委員会議は国境警備に関する法令を定めた。その後、「ロシアと国境警備隊の歴史的伝統を後世に伝える」ことを目的に5月28日を「国境警備の日」とすることが大統領令(1994年5月23日発令)で定められた。

関連ニュース

ロシアのウラジーミル州で、テロを計画していた2人が殺害される

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント