01:07 2019年12月15日

ロシア、「ドゥームズデイ・プレーン」IL-80とIL-82を改良

© AP Photo / Misha Japaridze
ロシア
短縮 URL
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (166)
0 50
でフォローする

ロシアのクリボルチコ国防次官は、Il−80とIl−82をベースにした空中指揮機(コマンドポスト)改良作業が完了したと明らかにした。

スプートニク日本

「ドゥームズデイ・プレーン」とも呼ばれるこれらの機体は、核戦争の際でも軍に指揮を執るため設計された。

核戦争が勃発すればロシア軍上層部と参謀本部の将校グループ、機体の特殊機器の作動を担当する技術班の専門家が同機に搭乗する。

同機は陸海空軍とロシア戦略ロケット軍の指揮を執る性能を持つ。

改良の結果、ロシア航空宇宙軍にはこうした機体の第2世代が配備される。

関連ニュース

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (166)
タグ
軍事, 飛行機, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント