17:36 2019年08月26日
ドミトリー・ザハルチェンコ

ロシア内務省汚職対策課の元責任者に、収賄の罪で有罪判決

© Sputnik / Eugene Odinokov
ロシア
短縮 URL
0 21

ロシア内務省汚職対策課の元責任者ドミトリー・ザハルチェンコ被告の汚職に関する裁判で、裁判所は収賄の罪で有罪判決を下した。通信社スプートニクの記者が裁判所から伝えた。

スプートニク日本

被告は、多額の収賄、職権乱用、調査妨害の3つの罪すべてで有罪となった。

検察側は懲役15年6カ月と、約5億ルーブルの罰金を求刑している。

ザハルチェンコ被告は、内務省で燃料・エネルギー施設の汚職対策を率いていたが、2016年9月に拘束された。

捜査委員会は、ザハルチェンコ被告が2014年に共謀者らとレストランチェーン「La Maree」のオーナー、メディ・ドゥス氏に80万ドルの賄賂を強要したと考えている。捜査委員会は、グループがドゥス氏に500万ドルを要求したと確信している。

ザハルチェンコ被告の事件は、被告の姉妹の1人の自宅で総額90億ルーブルのさまざまな通貨が見つかったことがわかった後、大きな反響を呼んだ。被告はこれらの出元を説明することができなかった。

関連ニュース

ロシア捜査委員会 汚職警官の口座に入っている3億ユーロの情報についてコメント

タグ
賄賂・汚職, 汚職, スキャンダル, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント